社会福祉法人 台東区社会福祉事業団

台東区社会福祉事業団は、台東区の児童および高齢者福祉の
充実のために、台東区が基本財産を出資して、
昭和61年10月に設立された社会福祉法人です

新着情報

「こいのぼりがいっぱいプロジェクト」に参加しました!

2018年07月13日

台東区社会福祉事業団 8児童館では、一般財団法人 児童健全育成推進財団主催「児童館こいのぼりがいっぱいプロジェクト」の【こいのぼりの掲揚を通し、被災地に向けて「忘れない!みんなでゲンキに!」というメッセージを伝え、東北を含めた全国の子供達やその家族が児童館で思いきり遊んでもらえることを願う】という目的に賛同し、各施設で様々な活動をしました。

 

<千束児童館>  こいのぼりのかたちに加工したカラービニール袋に、顔と模様を描く工作をおこないました。完成したこいのぼりは児童館の屋上に掲揚し、空を泳ぐ100匹以上のこいのぼりを見た子供達からたくさんの笑顔が溢れていました。
 
<玉姫児童館>  幼児タイムでは、こいのぼりの形をした紙にシールやスタンプで模様を描きました。また、巨大こいのぼりにはタンポやローラーを使ってそれぞれ思い思いの模様を描きました。
<台東児童館>  地域の町会と共催で地域イベントに参加し、あそびのブース「こいのぼりのペアをさがせ!」を出店しました。
<池之端児童館>  園児親子向け活動でこいのぼり制作をしました。大きな模造紙にスタンプでうろこに見立てた「足形・手形」を押し、最後は目を付けて完成しました。完成後は、掲示し、子供達を見守るように館内を泳いでいました。
<松が谷児童館>  「こいのぼりけん玉」と「びっくりこいのぼり」の工作、手形・足形による「こいのぼり共同制作」を行いました。また、こいのぼりに願いを託してメッセージを書いてもらい部屋に掲示しました。
<今戸児童館>  幼児タイムで木の板を使ったこいのぼりを作りました。カラフルな模様を書き込み、子供の名前を書き入れる等、思い思いのこいのぼりを制作し、大事そうに持ち帰る姿が見られました。
<寿児童館>  児童館の玄関に、こいのぼりの掲揚やぬり絵でこいのぼりの制作をしました。さらに、幼児タイムでも、こいのぼり工作を行い、こいのぼりの歌を歌い子供達の成長を願いました。
<谷中児童館>  幼児タイムでこいのぼり制作を行いました。大きなこいのぼりに手型をたくさん付けました。児童館で元気に泳いでいます。

 

今後も継続して、プロジェクトに参加していきたいと思います。

 

問合せ先 社会福祉事業団 児童課

電  話 03-5603-2229